読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"群論の味わい" のメモ

目次へ

Adventures in Group Theory : Rubik's cube, Merlin's machine, and other mathematical toys 2nd ed.     David Joyner

群論の味わい - 置換群で解き明かすルービックキューブと15パズル David Joyner,  川辺 治之(訳)

"群論の味わい" は名訳と思います。この本の散策の備忘録を書こうと思う。

1. 互いに素な巡回記法で表したルービックキューブの6個の面に対する標準的な生成元

   実行例:   SAGE を使って手順を確かめる

2. "群論の味わい" の中で次の文献が 参照されている場所を探す

  Analyzing Rubik's Cube with GAP , Martin Schönert,1993

  • p.246 第10章 "語としての手順" で参照
  • p.252 10.2 "語の問題" 例 10.2.7 に SAGE の例が載っている
    word_problem
    solve

   実行例:   SAGE のキューブ解法コマンド

3. Sage/ Rubik's cube group functions のメモ

Graph

目次へ