読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mathematica による15ゲームの解法

目次へ

"GAPによる15ゲームの解法"  TyK の論文に書いてある GAP プログラムを Mathematica に翻訳したものが以下である。

  • 行列表示を使って15ゲームを表示している。
  • 手順に従って解答にいたる推移を確認できる。

1. 問題設定

2. IS の決定

3. 15ゲームの解法の決定

手順の逆を求めている。これが解法の手順です。

4. まとめ

  • Mathematica の関数で求めた手順は17手で、GAP で求めた16手の手順とは違うが演算した結果は正しいことが確認できた。
  • 各手は3項巡回置換になっている。
  • ゲームではブランクを移動して基本配置に戻すことを行う。したがって3項巡回置換の手順をブランクの移動の手順に変換する必要がある。これが今後の課題です。

目次へ