読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Netatmo の気象データを Mathematica でプロットする

目次へ

Wolfram community で Netatmo のデータを Mathematica でプロットする記事を見つけた。これで Netatmo の存在を知った。

早速、Amazon.co.jp で購入して使い始めた。

Netatmo と Wolfram Data Box の仕組み

  • Netatmo で測定したデータは Wifi で Netatmo の会社のサーバーに保存される。そのデータをアプリを使って表示する仕組みになっている。データもダウンロードもできる。API を使ってアクセスできるようになっている。
  • この仕組みは Wolfram Data Drop と似ている。Data Drop にデータを保存すると Mathematica からアクセスできるようになる。

Netatmo-map

次は宇都宮市付近のステーションの温度マップです。(バルーンが小さいので拡大するとよいと思います。)                  www.netatmo.com/Weathermap

まとめ

  • 上記の Community の記事に楽しいヒントが沢山含まれてる。
  • このような地図を Mathematica の関数 GeoGraphics を使って描けそうだ。

目次へ