読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Raspberry Pi + MMA (4) : Remote Kernel on Raspberry Pi

MacMathematica からRaspberry Pi の Wolfram kernel にアクセスするために、RDK( Remote Development Kit) を Wolfram Web からダウンロードする。(Mathematica 10 では標準で組み込まれている。更新: 9 Nov, 2014)

Raspberry Pi に ssh 接続できる環境にあれば、MacMathematica からRDK を利用できる。Mathematica ノートブックがMac 上で動くので RaspPi に負荷がかからないのでスムーズに動く。

しかし、RaspPi の IPアドレスが変わった後、繋がらなくなってしまった。Wolfram Community で解決策を探していたところ、タイトル Remote Kernel on Raspberry Pi に書いてあった。

 RDK で接続すると、接続情報が再度接続できるように登録される。そのため IPアドレスが変れば接続情報を編集する必要があるわけである。方法を次に示します。

Mathematica のタイトルメニューの「評価」をクリックし、「カーネル環境設定」をクリックする。Raspberry Pi を選択し「編集」をクリックする。

 

「リモートユーザ」、「リモートホスト名」を編集する。「リモートホスト名」に IP アドレスを記入する。「OK」で保存した後に 「Remote Development Control Panel」を開く。

 

「Configure Pi Connection」をクリックするとこれで繋がります。

次に「New Pi Notebook」をクリックし、開かれたノートブックに $MachineName を入力すれば Raspberry Pi が表示されます。

目次へ